天台宗 金玉山 雙林寺 伊勢神宮式年遷宮 広報本部 公式ウェブサイト
国立国会図書館データベース・ナビゲーション・サービスDnavi JR東日本大人の休日
株式会社 マルセイ おはなし家ときどき日記 ブックセンターいとう 大衆寿司割烹水神
じゃこ屋勝一 レッドピーマン 千原寿し 堀内保健治療院/接骨院 マイキャッスル小石川
変革は、いところ、さいところ、いところから 清水義晴・著 小山直・構成・文

古文書館西行庵石原栄三郎古今和歌集N.R.JhonesNovalis流木庵計算尺 |
実験用 : updateI love MICROSOFTmixi:nitobefacebook:nitobewiki 日本語 Propeller Manual |
管理人の私生活を覗く digital西行庵blog

西暦2017年(平成29年)10月24日火曜日5時33分45秒(日本標準時) 土用
皇紀二千六百七拾七年丁酉 長月・旧九月小 五日甲申
ユリウス日:2458050.357 太陽視黄経:210.629 月齢:4.057 Ver.2017

「阿漕浦」

ここです

・・・さても西行發心のおこりを尋れば、源は戀故とぞ承る。申も恐ある上臈女房を思懸進たりけるを、あこぎの浦ぞと云仰を蒙て思切、官位は春の夜見はてぬ夢と思成、樂榮は秋の夜の月西へと准へて、有為世の契を遁つゝ、無為の道にぞ入にける。あこぎは歌の心なり。

  伊勢の海あこぎが浦に引網も度重なれば人もこそしれ

                        【網】
と云心は、彼阿漕の浦には神の誓にて、年に一度の外は〓を引ずとかや。此仰を承て西行が讀ける、

  思きや富士の高根に一夜ねて雲の上なる月をみんとは

此歌の心を思には、一よの御契は有けるにや、重て聞食事の有ければこそ阿漕とは仰けめ、情かりける事共也。彼貫之が御前の簀子の邊に候て、まどろむ程も夜をやぬるらんと云ふ一首の御製を給て、夢にやみるとまどろむぞ君と申たりけん事までも、想やるこそゆかしけれ。・・・

JALLC版機械可読テキスト『源平盛衰記』