(コミック)天地明察(2)



51GQHy2OyOL__SS500_


天地明察(2) (アフタヌーンKC)
著者: 槇 えびし
ISBN: 4063878147
出版: 講談社
価格: ¥ 600
出版日: 2012-03-23

槇えびし君、今のところ雁首の仲間入りは免れています。

====以下「天地明察」初版P142より引用
『今有図如 大小方及日月円蝕交 大小方相除シテ七分ノ三十寸 問日月蝕ノ分』

『今、図の如く、大小の正方形と、日月の円が、互いに蝕交している。大の正方形の面積を、小の正方形の面積で割ると七分の三十寸になる。日月の蝕交している幅の長さを問う』
====以上引用
 
====以下「天地明察」第五版P142より引用
『今有図如 大小方及日月円蝕交 大小方界相除シテ七分ノ三十寸 問日月蝕ノ分』

『今、図の如く、大小の正方形と、日月の円が、互いに蝕交している。大の正方形の対角線を、小の正方形の対角線で割ると七分の三十寸になる。日月の蝕交している幅の長さを問う』
====以上引用

====以下(コミック)「天地明察」(2)初版P93より引用
今有如圖
日月圓及方蝕交
方面七分ノ三十寸
方内容月圓
問日月蝕ノ分
  澁川春海
【以上、新渡戸広明翻刻・乞誤謬指摘】

…今 図の如く
日月の円と方が
互いに蝕交している 
方面(正方形の辺)は
七分ノ三十寸であり
その内に月円を容れる
(内接させる)
日月の円の蝕交している
幅の長さを問う……
………
====以上引用

おっ!さりげなく今有如図が直ってるねぇ。問題もずいぶんすっきりしちゃって。一応当たり障りは無くなっている。奇数偶数云々というなんだか訳の解らない解説もばっさりカット。

講談社の担当君、Good Job! 角川の担当とは比べ物にならない大活躍だねぇ。きょうび文学担当よりマンガ担当の方が優秀らしい。近年、講談社のマンガにヒット作が多いのは、担当君たちの活躍によるものかもしれない。

「無術」と「病題」を混同しているところなどは、ご愛嬌だ。答えが30/7になる招差術問題のお手並み拝見ですね。

冲方君今後の展開:
1.単行本重版にこの成果を取り入れた加筆訂正を行う。
2.文庫本出版時にこの成果を取り入れた加筆訂正を行う。
3.映画もこの線で修正を行う。
加筆訂正とは言えないレベルの改作はお手のものだからやらかしてくれるでしょう。映画は間に合うかな?

と、いっても、私は、映画は見ないし、文庫も買わないよ・・・たぶん。残念。
改作しても売り上げは伸びなかったでしょ?ハヤカワさん。

そして、新作「テスタメントシュピーゲル2」の執筆にいつまでたってもとりかかれないのであった。ずっと待ってるのに。ひょっとして、もう続きはない?

 

— posted by nitobe at 07:46 pm   commentComment [0] 

大きなお世話になりました!!



海外編へ・・・つづく。


P58,P59 に、取り札「かこちかほなるわかなみたかな」を確認したが、本宅に掲載するほどのことではなかろう。

 

— posted by nitobe at 06:06 pm   commentComment [0] 

人は天災で殺される


人は天災で殺される。だが生き残った人のこころを殺すのは、他の人たちの鈍感さである。その鈍感さは、現状維持、という安寧を生む。
海堂尊

監修:海堂尊

執筆:歌代幸子・増田晶文・吉井妙子

その時「お前は医者じゃないのか!」という声が聞こえました
  宮城県南三陸町 公立志津川病院内科医(被災当時)  菅野武

心のケアの専門家だから傷つかないわけではないんです
  宮城県名取市 東北国際クリニック院長        桑山紀彦

この避難所「ビッグパレットふくしま」で命を失った方は一人も出ませんでした。それが一番の誇りです
  福島県双葉郡 富岡中央医院院長           井坂晶

心の問題で自殺する人を一人でも減らしたい
  千葉県松戸市 旭神経内科リハビリテーション病院院長 旭俊臣

震災を機に医療の力を見直してほしい
  岩手県上閉伊郡大槌町 植田医院           植田俊郎

日本のような先進国で身元不明者がいるなんて絶対に許せません
  宮城県歯科医師会 大規模災害対策本部身元確認班班長 江澤庸博

災害時の医療統括の重要性を痛感しました
  千葉県市原市 五井病院理事長            川越一男

医療がないと人は離れていく。医療が立ち上がれば安心する
  岩手県陸前高田市 県立高田病医院院長        石木幹人

患者さんと話していると、自分まで癒されます
  岩手県宮古市 国民健康保険田老診療所所長      黒田仁

いのちを救い、死を悼む                 海堂尊

— posted by nitobe at 11:24 pm   commentComment [0] 

言葉と言葉の間に屍がある

奇しくもNHK関連の2作品。詳細は各自購入して確認のこと。

3・11の奈落とは何か 根源の洞察<私記>
キーワード
1.言葉と言葉の間に屍がある
2.人間存在というものの根源的な無責任さ

「それと、またひとつ、確かに思うようになったことがあります。死とは、ただそこにあるだけのものだ、と。」

死線 四句
死はひややかな空とほく雲のゆく
死をひしと唐辛まつかな
死のしづけさは晴れて葉のない木
そこに月を死のまへにおく
草木塔/種田山頭火/昭和十五年二月

— posted by nitobe at 09:18 pm   commentComment [0] 

なぜ平気で「ウソ」をつくのか


新聞は、二十年前からとっていないし。
テレビは、草薙君がうるさかったので、止めた。
くだらないバラエティーと、マンガだのみのドラマ、嘘つきのニュース。テレビに明日はない。
東京スカイツリー建設なんぞ、無駄遣い以外の何物でもない。
この本を読んで、新聞・テレビを止めて、「マインドコントロール」から解放される人が増えることを祈る。
 
という私も平気でウソをついていますが、何か?  何が嘘かは各自推察のこと。

— posted by nitobe at 08:18 pm   commentComment [0] 

T: Y: ALL: Online:
ThemeSwitch
  • Basic
Created in 0.2916 sec.
prev
2012.3
next
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
 
strawberry-linux geigercounter Ver.2
Sibasaki, Cyofu City, Tokyo, JAPAN
blogBar