[ Tags :: 蝕交問題 ]

天地明察 蝕交問題#3

天地明察 蝕交問題 つづきである。

初版と第五版では問題が違うことが発覚した。
 
====以下「天地明察」初版P142より引用
『今有図如 大小方及日月円蝕交 大小方相除シテ七分ノ三十寸 問日月蝕ノ分』

『今、図の如く、大小の正方形と、日月の円が、互いに蝕交している。大の正方形の面積を、小の正方形の面積で割ると七分の三十寸になる。日月の蝕交している幅の長さを問う』
====以上引用
 
====以下「天地明察」第五版P142より引用
『今有図如 大小方及日月円蝕交 大小方相除シテ七分ノ三十寸 問日月蝕ノ分』

『今、図の如く、大小の正方形と、日月の円が、互いに蝕交している。大の正方形の対角線を、小の正方形の対角線で割ると七分の三十寸になる。日月の蝕交している幅の長さを問う』
====以上引用

『面積』割る『面積』は『長さ』ではなく、無次元の『比率』であることは、第五版と同様。対角線は、本来、『界斜』または『界弦』と表記すべきと思われるが、これらを省略した『界』という善意の解釈をしておこう。
 
初版の場合の、『無術』の証明は、
 
2 ≠ 30/7
∴無術
 
おしまい。
 
====以下「天地明察」初版P467より引用
 過ぎ去った日々、この世を去った者たちの存在に、ただただ感無量だった。
====以上引用
 
====以下「天地明察」第五版P467より引用
(勝った)
 感無量だった。
(勝ちましたよ)

 過ぎ去った日々、この世を去った者たちの存在に、ただただ感謝した。
====以上引用
 
====以下「天地明察」初版P468L15より引用
 春海のなした改暦ののち、将軍家綱は拙劣ながらも・・・・
====以上引用
 
====以下「天地明察」第五版P469L3より引用
 春海のなした改暦ののち、将軍綱吉は拙劣ながらも・・・・
====以上引用
 
他にもありそうだけど、「多元宇宙」なんだから、問題なし。

     


— posted by nitobe at 08:42 am   commentComment [2] 

天地明察 蝕交問題#2

天地明察 蝕交問題つづき
 
====以下「天地明察」第五版P156L9〜L12引用
 日月の蝕交の分は、実は七と二十三の平方根を足して、四で割ったものになる、ということまで晴海は安藤に話した。七と二十三は足して三十。”七分の三十寸”にあくまでこだわった答えだった。だが、ただ七と二十三を足すのではなく、それぞれ開平させてから足させるところに自分なりの工夫と主張があった。
====以上引用
 
ギブアップである。春海君のロジックが判らない。 

NONALNUM-A5AFA5EAA5C3A5D7A5DCA1BCA5C93031


「弧矢弦術」の一般的なやつ。
 
半径=(弦^2/4+矢^2)/2矢
矢=半径−sqrt(半径^2−弦^2/4)
 
sqrt(7) も sqrt(23) も出てこない。
 
晴海君、丁君共に「弧矢弦術」を玩んで自爆というオチかな?

     

— posted by nitobe at 11:38 pm   commentComment [0] 

T: Y: ALL: Online:
ThemeSwitch
  • Basic
Created in 0.0167 sec.
prev
2022.5
next
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 
strawberry-linux geigercounter Ver.2
Sibasaki, Cyofu City, Tokyo, JAPAN
blogBar