[ Tags :: FreeBSD ]

I hate Microsoft #4

PC-BSDをインストールしてみた。FreeBSD 6.2 がベースである。
これはHDDにインストールしてブートするタイプ。デスクトップ環境は KDE。

NONALNUM-A5B9A5CAA5C3A5D7A5B7A5E7A5C3A5C831



ダウンロードに小一時間。CD-ROM焼き焼き。インストールに小一時間。動きますがな。デフォルトで日本語表示は可能だが、日本語入力ができない。orz
UIM-Anthyをインストールした。調査時間を含めて中三時間もかかってしまった。
ほれ、これ、ちゃんと入力できてるでしょ。

こちらは SU-FreeSBIE (SUフリスビー) FreeBSD 6.2 がベースのCDブート版。LiveCDと呼ぶらしい。摂南大学がイタリア製のFreeSBIE 2.0を日本語化したもの。CDブートすれば設定なしで動く。デスクトップ環境は GNOME。日本語入力は Canna。昔は画期的で感動したもんだが、今日ではちょっとおばか。

snapshot



サーバ向けのOSをクライアントに実装する是非を云々する向きもございますが、これはこれでありでしょう。まずまず快適。
実は Linux は厳密に言うと unix ではない。継子である。正統な嫡子は FreeBSD である。しかしクライアントへの実装に限ると Linux に一日の長があるといえそうだ。

おかげで実験機のHDDはぐそぐそ。Visutaなんか消えちゃった(間違えて消しちゃった)もんね。

     

— posted by nitobe at 11:40 am   commentComment [0] 

T: Y: ALL: Online:
ThemeSwitch
  • Basic
Created in 0.0122 sec.
prev
2022.5
next
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 
strawberry-linux geigercounter Ver.2
Sibasaki, Cyofu City, Tokyo, JAPAN
blogBar