[ Tags :: Solaris10 ]

I hate Microsoft #5

Vista を消しちまったついでに、Solaris 10 をインストールしてみた。由緒正しい unix である。無料ではあるがさすがにでかい。クライアントにはオーバースペックもいいとこ甚だしい。CD5枚+言語CD1枚。ダウンロード、CD 焼き、インストールで四時間を費やした。ふと Windows95 をフロッピーインストールしていた時代を思い出した。何故か最後の方でエラーになるんだなこれが。
このデスクトップ環境は、SUN Java Desktop System for Solaris。初見である。日本語入力は何故かATOK。さすがはSUN製。JAVAが当然のように動く(画面左上のローソク足グラフと右下の値板)。欧米か。当然か。MS Office Pro. 互換 StarSuite7、強力グラフィックスソフトGimp2.0.2、その他有用なアプリケーションてんこ盛り。しかも無料。
これだけ動けば、Microsoft Windws は全く必要ない。きっぱり。

222



こちらは同Solaris 10 のデスクトップ環境を CDE(Common Desktop Environment) に挿げ替えたもの。日本語入力は Wnn(Watashino Namaeha Nakanodesu) だった筈だが、何故か ATOK。しかし、懐かしい。懐かしすぎる。七年前はSolalisが動いているSUN EWS(Engineering WorkStation)にWindows98上のastecX Xエミュレータ端末のプログラマ4人と試作ワークベンチがぶら下がって仕事してたっけ。思えばこの実験機も当時のEWSをとっくに凌駕している。CDEも今となっては少々使い勝手が悪い。当時は画期的だったんだけどなぁ。

333



何だったらGNOME(GNU Network Object Model Environment)でもKDE(K Desktop Environment)でもほかのデスクトップ環境でもご自由にどうぞ。この辺がWindowsにはまねのできない unix のフレキシビリティだろうねぇ。

Blog Pet のうちの ruby は Microsoft の回しモンか?こんなこと言いやがる。赤丸んとこを押してみてみい。

NONALNUM-A5AFA5EAA5C3A5D7A5DCA1BCA5C93031




追記・
SUN Java Desktop System for Solaris は、何の事はない GNOME を SUN がカストマイズしたものだった。

   

— posted by nitobe at 12:25 pm   commentComment [0] 

T: Y: ALL: Online:
ThemeSwitch
  • Basic
Created in 0.0142 sec.
prev
2022.5
next
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 
strawberry-linux geigercounter Ver.2
Sibasaki, Cyofu City, Tokyo, JAPAN
blogBar